コラリッチEXの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

コラリッチEXの成分や副作用など安全面が気になっているあなたのために全成分一覧と成分を1つ1つ簡単に解説していきます。

コラリッチEXは特に副作用が気になるような成分はありませんが、お肌が敏感な方は刺激に感じる可能性もゼロではありません。

  1. コラリッチEXの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説
    1. 温泉水
    2. BG
    3. PPG-9ジグリセリル
    4. グリセリン
    5. ヒドロキシエチルウレア
    6. ペンチレングリコール
    7. 加水分解コラーゲン
    8. 水溶性コラーゲン
    9. サクシノイルアテロコラーゲン
    10. シア脂
    11. アルガニアスピノサ核油
    12. アフリカマンゴノキ核脂
    13. 水溶性プロテオグリカン
    14. 加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル
    15. ヒメフウロエキス
    16. セイヨウトチノキ種子エキス
    17. シャクヤク根エキス
    18. アセチルヒアルロン酸Na
    19. スクワラン
    20. クズ根エキス
    21. アロエベラ葉エキス
    22. クロレラエキス
    23. カラスムギ穀粒エキス
    24. 加水分解エラスチン
    25. シゾサッカロミセスポンベエキス
    26. シリカ
    27. セテアリルアルコール
    28. セテアリルグルコシド
    29. アルギン酸Na
    30. ポリ-ε-リシン
    31. クエン酸
    32. クエン酸Na
    33. ポリグルタミン酸
    34. ヒアルロン酸Na
    35. エチルセルロース
    36. 結晶セルロース
    37. セルロース
    38. ジグリセリン
    39. グリセレス-26
    40. PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン
    41. (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
    42. カルボマー
    43. ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na
    44. 水酸化K
    45. フェノキシエタノール
    46. エチルヘキシルグリセリン
    47. エタノール
    48. マンニトール
    49. (メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー
    50. 酸化鉄
    51. テトラペプチド-21
    52. トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア
    53. ヒドロキシプロピルメチルセルロース
    54. オクチルドデカノール
    55. 水添ココグリセリル
    56. グルコシルヘスペリジン
    57. 酢酸トコフェロール
  2. まとめ

コラリッチEXの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

こちらがコラリッチEXの全成分です。

水、温泉水、BG、PPG-9ジグリセリル、グリセリン、ヒドロキシエチルウレア、ペンチレングリコール、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、シア脂、アルガニアスピノサ核油、アフリカマンゴノキ核脂、水溶性プロテオグリカン、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒメフウロエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、シャクヤク根エキス、アセチルヒアルロン酸Na、スクワラン、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カラスムギ穀粒エキス、加水分解エラスチン、シゾサッカロミセスポンベエキス、シリカ、セテアリルアルコール、セテアリルグルコシド、アルギン酸Na、ポリ-ε-リシン、クエン酸、クエン酸Na、ポリグルタミン酸、ヒアルロン酸Na、エチルセルロース、結晶セルロース、セルロース、ジグリセリン、グリセレス-26、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na、水酸化K、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、エタノール、マンニトール、(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー、酸化鉄、テトラペプチド-21、トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、オクチルドデカノール、水添ココグリセリル、グルコシルヘスペリジン、酢酸トコフェロール

それぞれどのような成分か1つ1つ簡単に解説していきます。刺激性など心配がある際にはつど触れていきます。

他の成分を溶かしこみ化粧品となるベース。

温泉水

水と同じ役割だがミネラルが豊富に含まれていて肌に馴染みやすい。

BG

代表的な保湿成分で抗菌効果もある。

PPG-9ジグリセリル

保湿成分。非イオン界面活性剤と合わせて乳化を補助してくれる。安全性は高い。

グリセリン

代表的な保湿成分。

ヒドロキシエチルウレア

保湿成分。

ペンチレングリコール

代表的な保湿成分。抗菌効果がある。

加水分解コラーゲン

代表的な保湿成分。

水溶性コラーゲン

代表的な保湿成分。

サクシノイルアテロコラーゲン

代表的な保湿成分。

シア脂

お肌を保護して角質の水分増加させてくれるエモリエント作用がある

アルガニアスピノサ核油

水分蒸発を抑えて角質の水分を増やしてくれるエモリエント作用がある。

アフリカマンゴノキ核脂

エモリエント作用。

水溶性プロテオグリカン

ヒアルロン酸の1.3倍の保湿力が認められている保湿成分。

加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル

保湿成分。ヒアルロン酸より分子量が大きく覆うように保湿してくれる。

ヒメフウロエキス

炎症を抑えてお肌を整える。

セイヨウトチノキ種子エキス

お肌を健やかに、引き締める。

シャクヤク根エキス

お肌を健やかに保つ以外にも保湿など幅広い役割を持つ。

アセチルヒアルロン酸Na

お肌を柔らげて水分蒸発を抑えて保湿してくれる。

スクワラン

エモリエント作用。

クズ根エキス

保湿成分。

アロエベラ葉エキス

保湿、お肌を整える。

クロレラエキス

保湿作用。

カラスムギ穀粒エキス

お肌を整え、エモリエント作用もある。

加水分解エラスチン

保湿成分。

シゾサッカロミセスポンベエキス

酵母のエキス。お肌を整えてくれる。

シリカ

化粧品の感触を良くする。

セテアリルアルコール

化粧品の感触を良くして乳化を補助する。

セテアリルグルコシド

乳化剤。

アルギン酸Na

増粘剤。

ポリ-ε-リシン

保湿成分。

クエン酸

主にpH調節の役割。

クエン酸Na

主にpH調節の役割。

ポリグルタミン酸

納豆のネバネバ成分。保湿効果がある。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分。

エチルセルロース

増粘や皮膜形成の役割。

結晶セルロース

粘度の調節などの役割。

セルロース

粘度の調整、成分の分散などの役割。

ジグリセリン

保湿成分。

グリセレス-26

保湿効果を持ちつつも乳化補助ができる成分。

PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

保湿効果を持ちつつも乳化補助ができる成分。安全性は高い。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

増粘剤と乳化剤の効果を併せ持つ成分。安全性は高い。

カルボマー

代表的な増粘剤。水酸化Naや水酸化Kと中和させることで増粘する。

ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na

増粘剤。

水酸化K

カルボマーと中和させて増粘させるための材料。

フェノキシエタノール

防腐剤。空気の中にも存在する成分。基本的に安全性に問題ない。ただ、肌が敏感な場合刺激に感じるケースもゼロではない。

エチルヘキシルグリセリン

保湿成分。抗菌作用もある。

エタノール

清涼感を与えるために配合される。ただ、表記の位置からして植物系のエキスを溶かす溶剤としての役割の可能性が高い。

配合量が多いと刺激に感じるケースもあるため注意が必要。

マンニトール

保湿成分。

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー

成分を均一に分散させたり皮膜を作る役割。

酸化鉄

着色の役割。コラリッチEXに入っているオレンジのつぶはこれによる着色と考えられる。

テトラペプチド-21

お肌を整える役割。

トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア

お肌を整える役割。

ヒドロキシプロピルメチルセルロース

増粘剤。

オクチルドデカノール

エモリエント作用。

水添ココグリセリル

エモリエント作用。

グルコシルヘスペリジン

保湿成分。

酢酸トコフェロール

酸化を防ぐ役割。

まとめ

コラリッチEXには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、肌のバリア機能が壊れて敏感になっている方には刺激に感じるケースもゼロではありませんので、ご注意ください。

評判などを知りたい方のためにこちらでコラリッチEXの口コミをお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

コメント

\初回半額&返金保証あり/
年齢サインを消したいならこちら
タイトルとURLをコピーしました