佐賀百家図鑑 SAGA VISUAL DICTIONARY

PROFESSIONAL佐賀の農業者

いろんな人に支えられて、今日もいちご畑に立っている。

長尾美希 / Miki Nagao 27歳

佐賀市諸富町で、農協指導員を務める父親の長女として生まれる。父親が、さらなる技術の向上を目指して自らいちごのハウスを建て、母親がそのハウスでいちごの栽培をスタート。佐賀県農業大学校への進学、卒業を経て、実家のいちご農家へ就農。母親と二人三脚で、また、地域の人々に支えられながら、一人前のいちご農家へと成長。「女性ならではの細やかな気配りや、地域の農業を担う責任感からつくり出されるいちご」は、多くの人から「おいしい!」と言われている。いちご栽培を行う若手女性農家として注目される一人。

農家を目指して進学、そして就農。

佐賀市諸富町。のどかな田園風景の中、長尾さん親子が営むいちごのビニールハウスが建ち並びます。子どもの時からいちご畑が遊び場。収穫や管理の手伝いを行う中で、自然と跡を継ぐ決意が芽生えたと言います。佐賀県農業大学校に進学後、実習でいちごの栽培を1から10まで経験すると、楽しさや、やりがいに気づかされた長尾さん。次第に、いちご農家としての自覚が生まれていくのでした。

支えがあるからのびのび働ける。

父親が農協職員ということもあり、農業関係者との繋がりが強い長尾家。農協職員の定期的な圃場の巡回で、指導員の目で見たアドバイスや指導をいただくこともあるそう。いちごの苗などに病気が出ていた場合には、その対処法を細かく的確に教わります。また、クレームなどにも対応してくれる点も心強く感じるポイント。いちごづくりに専念するためには、支えや後ろ盾が必要です。

ウチのいちごを待ってる人のために。

長尾さんのいちごづくりに欠かせないのが「土づくり」。有機物を混ぜて、肥沃な土をつくり、根張りを良くすることを目指します。また、これまでは、勘や経験を活かして行ってきたハウス内の管理ですが、近年では「ハウス内環境制御システム」を導入し、二酸化炭素濃度や湿度、温度を数値化して高品質ないちご生産のための管理ができるようになりました。長尾さんのいちごを楽しみに待っている人のために、進化を止めるわけにはいきません。

母親と二人三脚、女性農家として。

繊細な作業や、気配り、目配りが求められるいちご栽培。比較的、細やかな作業を得意とする女性のチカラが活かされる現場でもあります。そんな中、長尾さんのいちごは、「ハウス内環境制御システム」で多くの評価を集めています。それでも妥協をせずに、今後は、品評会や奨励会などでプロによる評価を目指していると言います。師匠であり、尊敬する母親と二人三脚で歩む長尾さんの姿が、頼もしく見えました。

AGRICULTURAL PRODUCTS佐賀の農産物

No.08
  • 【学名 : 苺 Fragaria × ananassa】
  • 目 : バラ目 Rosales
  • 科 : バラ科 Rosales
  • 属 : オランダイチゴ属 Fragaria
  • 原産 : 南米

EDITING POSTSCRIPT編集後記

佐賀百家図鑑 第八回目は、諸富町の長尾美希さんを取材させていただきました。県内のいちご生産は2018年に新たなブランド「いちごさん」を輩出し、その品質は全国でも確実に地位を確立しつつあります。そのブランディングからマーケティング、技術面から流通に至るまでを農協が担っており、いちご栽培におけるその恩恵は大きいという長尾さん。何より現場に集中することができると、母と二人三脚で歩む姿に、いちご栽培を軸に形成された家族の絆を強く感じることができました。

RELATED POST関連記事

TOP