佐賀百家図鑑 SAGA VISUAL DICTIONARY

PROFESSIONAL佐賀の農業者

進化する技術、一年に一度の「作品」に心を込めて。

岡本浩昌 / Hiromasa Okamoto 27歳

佐賀県玄海町の農家の三代目として生まれる。父親が始めたイチゴづくり。幼少期からビニールハウスが遊び場で、その後、高校、大学と農業を学ぶ。特に大学時代には、たくさんの人脈をつくり、コミュニケーション能力を身につけたと言う。大学卒業後、仕事に打ち込む多くの農家たちとの出会いが就農を決意させ、イチゴづくりの道へ。「食べられないもので食べ物をつくらない」をモットーに農薬を減らし、自然に近いカタチで安全なイチゴを栽培している。近年では、食育に力を入れ、子どもたちに生産者の顔が見える農作物を届ける活動を行なっている。

農業の素晴らしさに気づかされて。

佐賀県玄海町、祖父、父、と三代続く農家の家に生まれた岡本さん。イチゴの栽培は、父親が始めたと言います。赤ん坊の時から、ビニールハウスで育ち、農業がいつもそばにある環境で育ちました。その後、東京農業大学へ進学。卒業後の1年間、佐賀県の臨時職員として勤務。その仕事を通して、農家さんと接する機会が増え、出会った人々の輝く姿や自由な働き方を見て、就農を決意したと言います。

口にするものをつくるこだわり。

安心安全へのこだわりは、特に強く持っていると岡本さんは言います。極限まで農薬を減らし、土の殺菌には太陽のチカラを借ります。天然の酵母を混ぜた土は、やわらかくてイチゴの根が張りやすくなります。肥料も魚のエキスを混ぜたものを与えているそう。モットーは「食べられないもので食べ物をつくらない」こと。どこまでも自然に近い状態で、安全で、おいしいイチゴづくりを目指します。

「直販」という売り方で感じること。

岡本さんがつくるイチゴは、「直接顔が見えるお客さん」へ届けられます。そこには、消費者へ安心を届けると同時に、つくり手としても食べる人の顔を見たいという想いがあるそうです。食べた人がおいしさと安心を感じ、信頼が生まれる。それを口コミで広げていってくれる。そして、地域に根付いていく。それが岡本さんが目指す理想の農業のカタチだと言います。

子どもたちのために安全なイチゴを。

定期的に地元の「子育て支援情報センター」へイチゴの販売に訪れる岡本さん。特に安全な食への関心が高い子育て世代に、食育という観点で、安心して口にできるイチゴを届けています。食べ物が子どもたちの体をつくるから、安全でおいしいものを、という願いを込めているそうです。今後のことを聞くと「技術を磨き、おいしいイチゴを海外まで届けたい」と大きな目標を話してくれました。

AGRICULTURAL PRODUCTS佐賀の農産物

No.08
  • 【学名 : 苺 Fragaria × ananassa】
  • 目 : バラ目 Rosales
  • 科 : バラ科 Rosales
  • 属 : オランダイチゴ属 Fragaria
  • 原産 : 南米

EDITING POSTSCRIPT編集後記

佐賀百家図鑑 第十回目は、玄海町のいちご農家 岡本さんを取材させていただきました。同じ作物、同じ品種でも栽培方法は様々。
岡本さんの直販という選択は、消費者と直接コミュニケーションが図れるというメリットがあります。現場から、岡本さんが大事にされている地域との関係性が伝わってきます。一口に農業と言っても、様々な選択肢を如何に自分の価値観で選択し、実践するか。農業という仕事はそんな選択肢の幅も魅力的だと感じました。

RELATED POST関連記事

TOP